■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 最新50    

【詩】詩を書くスレ

1 :名も無きクリエイター:2014/04/21(月) 19:46:11.41 ID:De0Q+t9R0
タグの設定完了


2 :名も無きクリエイター:2014/04/21(月) 19:55:19.07 ID:De0Q+t9R0
    太 息 冷 澄     冬
    陽 を た ん     の
    の は い だ     朝
    暖 ぁ 空 青
    か っ 気 空
    さ |       名
    を っ       無
    感 と       し
    じ は       ・
    僕 い       作
    は て
    歩 み
    く る

3 :名も無きクリエイター:2014/04/21(月) 22:14:15.18 ID:xpqa3kJw0
まさかの縦書き

4 :名も無きクリエイター:2014/04/22(火) 17:11:56.32 ID:G6H/aHA4O
もし僕がこの虫取網を離してしまえば

きっと、空は逃げていってしまう

膨らんで、広がって

そうやって見えなくなる

僕はどっちに手を伸ばせばいいのか分からなくなって

そっと君の名前を呼ぶ


5 :名も無きクリエイター:2014/04/23(水) 22:45:25.12 ID:Lqh9OXuXO
河童

河童

河童だね。

君は、本当にいたんだね。


こんなに深い森の中、そんなに暗い、沼か池かも分からないような水の中

雨の音さえ聞こえない、陽の匂いさえ感じない

こんな所に居たのかい?

何百年も昔から?

誰もここまで来やしない

誰も本気で、望んでなんかない


なんだって、そんな、澄んだな目で僕を見るのか

6 :名も無きクリエイター:2014/04/24(木) 09:29:09.11 ID:nIEgd7LzO
河童

河童

河童だね。

君は、本当にいたんだね。


こんなに深い森の中、そんなに暗い、沼か池かも分からないような水の中

雨の音さえ聞こえない、陽の匂いさえ感じない

こんな所に居たのかい?

何百年も昔から?

誰もここまで来やしない

誰も本気で、望んでなんかない


なんだって、そんな、澄んだ目で僕を見るのか

7 :名も無きクリエイター:2014/04/25(金) 23:09:20.33 ID:OQwJjxbt0
なぜ2回レスしたし

8 :名も無きクリエイター:2014/04/27(日) 22:42:52.43 ID:qcIJPaApO
>>7
最後のところ誤字があったから修正して、ミスした旨をメル欄に書いたんだけどsageに変わってる

メル欄に文字打てないのね

9 :名も無きクリエイター:2014/05/25(日) 20:47:30.26 ID:IAMnGyFI0
「君を待つ」


君はどこにいるの?

君はいつ来るの?

ずっと君を待ってるのに

君はまだあらわれない

なら待とう

いつまでも待とう

来てくれるまで

君を待つ


10 :名も無きクリエイター:2014/05/29(木) 18:51:51.31 ID:uqqxqKtO0
『暗闇』

光を探して叫び続ける

私を探して叫び続ける

明日を探して叫び続ける

ここはどこか

自分は誰か

未来はあるか

声が枯れるまで叫び続けよう


11 :名も無きクリエイター:2014/06/06(金) 00:38:49.56 ID:wuB2WWDtO
黒とオレンジのコントラスト

夜と昼の対比

君と僕の恋



12 :名も無きクリエイター:2014/06/06(金) 06:45:23.29 ID:ce4eBr0KI
ごみだな

13 :名も無きクリエイター:2014/06/12(木) 19:10:00.84 ID:PyjIz5k9O
カーテンの隙間から朝日が迷い込んでくるような時間に

何気なく、布団から出してみた手が包まれた気がしたから

君の手だと思って顔を上げたけれど、誰もいない

ただ僕ひとり、手を伸ばして、不器用に笑っている

14 :名も無きクリエイター:2014/06/12(木) 19:11:23.77 ID:PyjIz5k9O
あれ?なんで二回レスしたことになってんだ?

15 :名も無きクリエイター:2014/06/13(金) 11:11:31.36 ID:ElHiu/rNO
空がおちてくる

雲の合間をすり抜ける空。地に突き刺さる幾千もの光芒

豈人は天の真名を知らずや

風のせせら笑いが木霊する

その向こうに、確かに僕は月が割れる音を聞いた

これから、昼でも夜でもない景色がやってくるのだ

16 :名も無きクリエイター:2015/01/09(金) 22:53:51.52 ID:47uUV69z i
ありえないことを探しに行こう

鍵だけ持って着の身着のまま夜を抜けて、月の光に絡まった、ありえないことを探しに行こう

これからはそうやって、そうやって駆け回って

確かな宙ぶらりんを夢にしてやるんだよ

これから始めるんだよ、今から始めるんだよ

17 :名も無きクリエイター:2015/01/09(金) 23:43:54.47 ID:qZSQpq1U0
いつからそう思っていたんだい?

いつからそう感じていたんだい?

誰も望まないよ

だったらいい加減で

だったら好き勝手に

面倒臭がりになろうか

一緒に

18 :名も無きクリエイター:2015/01/10(土) 15:44:09.68 ID:47uUV69z i
待合室でまちあわせ

素敵な響きね

ここから何処にいこうか、なんて

帰り道も分からないのに

19 :名も無きクリエイター:2015/01/10(土) 20:41:01.12 ID:xGLizflw0
猿には猿の夢がある。

亀には亀の道がある。

烏には烏の朝がある。

僕には僕の風がある。

それじゃあ、また。

20 :名も無きクリエイター:2015/01/11(日) 00:08:55.11 ID:JoTn7RRC0
馬鹿だ。

馬鹿だ。

馬鹿だ。

だって馬鹿だもん。

だからって

馬鹿にしないで。

馬鹿だけど

馬鹿だから。

21 :名も無きクリエイター:2015/01/11(日) 14:04:33.35 ID:47uUV69z i
空を見て嘘をついたら気が楽になった

足元を見ながら歩けば転ぶ心配もないし 小銭とか見つけるかも知れない

空は嘘を吐く場所で 広くて透けてて見えないし 足元に唾吐いたら踏みつけちゃうかも知んない

だから足元見ながら早足で


空を見つめて歌ってるとつらいよ

誰がきいてるかも分かんない 君はひどい歌だって笑うし

自分が歩いてる場所が見えないのはこわい 雨が降ったら口の中に溜まるよ


でも空を見ながらゆっくりと

歌いながら歩くよ

僕が転けてしまわぬように これは僕のため

ずっと歌っているから 横で笑っていてもいいよ







22 :名も無きクリエイター:2015/01/11(日) 14:17:14.92 ID:47uUV69z i
改行ミスったな

23 :名も無きクリエイター:2015/01/11(日) 23:32:37.19 ID:JoTn7RRC0
囲まれて、

囲まれて。

檻っていうには脆いんだけど、

でもそこから抜け出せない。

牢が壊れたって、

気味が悪くたって。

君が悪くたって、

僕が怖くたって。

マネキンの檻って、

どう思いますか。

24 :名も無きクリエイター:2015/01/12(月) 04:31:16.09 ID:jcQzH4ZV0
鳥って、飛びますよね。

人間って、跳べますよね。

犬って、鳴きますよね。

人間って、泣けますよね。

人間って、笑いますよね。

人間って、笑えますよね。

25 :名も無きクリエイター:2015/01/12(月) 22:11:32.53 ID:jcQzH4ZV0
人生は冒険だって?

馬鹿なこと言うなよ

根なし草がかっこいいって?

寝ぼけたこと言うなよ

信じればいつか叶うって?

ふざけたこと言うなよ

みんな頑張ってるって?

いい加減なこと言うなよ

馬鹿で寝ぼけてふざけていい加減な

そんな人類が大好きだって?

気持ち悪いこと言うなよ

ありがとう

さようなら

26 :名も無きクリエイター:2015/01/13(火) 15:47:07.51 ID:47uUV69z i
『平日の昼間に〜二階〜』

二階の窓から外を眺めて目を凝らすけど光が見えない

太陽が黒く染まってるのに気付いてほしい

聴こえますか

平日の太陽の泣き声 光が散らばっていくね

散らばって消えるね粒になって解けて

もう一度見届けて 手を握ってあげる

伸ばした手が窓にあたる

太陽が黒く染まってるのに気付いて

27 :名も無きクリエイター:2015/01/13(火) 23:53:34.26 ID:6FLL6aia0
目の奥が痛い

きっと、みんなのすがたをみすぎたんだね

耳の穴が痛い

きっと、みんなのこえをききすぎたんだね

指の先が痛い

きっと、みんなのきもちにふれすぎたんだね

頭の中が痛い

きっと、みんなのことをかんがえすぎたんだね

こころのなかがいたい

きっと、皆の事を考えすぎたんだよ

きっと。

28 :名も無きクリエイター:2015/01/16(金) 01:05:43.52 ID:47uUV69z i
これは劣等感じゃなくて願いだ

なぁ

いつも一方的に俺がお前を想ってたことは知ってるんだ。そう思ってれば傷付かずに済むからな

なぁ

俺はお前のこと何も知らないよ。本当に俺たちは他人なんじゃねぇかと思うこともある

なぁ、友達だと言ってくれねぇか。親友だと言ってくれないか

もう五年もあってないけどさ、それでも愛してるんだ

いつも夜はお前のことを想うよ

なぁ

これは劣等感じゃなくて願いだ

たぶん、切実な

29 :名も無きクリエイター:2015/01/16(金) 02:51:43.24 ID:deYAjwbf0
人骨が笑ってたら怖い?

肉塊が咳をしたら怖い?

魂が泣いていたら怖い?

それじゃあ、にんげんなら怖くないね。

30 :名も無きクリエイター:2015/01/16(金) 19:33:44.21 ID:deYAjwbf0
ものすごく眠くてもきびきび動く

ものすごく怖くても泣きださない

ものすごくむかついても澄まし顔

ものすごく好きでもつっけんどん

それじゃあ伝わらないよ

天邪鬼って居るのかな

31 :名も無きクリエイター:2015/01/17(土) 17:01:16.55 ID:PYl2J+ds0
君はぐにゃり笑った

こんな時は君に分身するのが一番だ

君はくすり怒った

こんな時は君を纏うのが一番だ

僕がにっこり泣いた

誰かがつまらないと言った

32 :名も無きクリエイター:2015/01/18(日) 21:18:06.78 ID:hNLF4krn0
ごーや、にがいよ

ごーや、にがいから、きらいだよ

おとなはみんな、たべてるけど

ごーや、きらいだよ

だって、にがいよ

ねえ、にがくないの?


そんな泣きそうな顔までして、さ

33 :名も無きクリエイター:2015/01/20(火) 04:26:58.10 ID:N9mvzebd0
かなり歩いたでしょ

めっちゃ走ったでしょ

でも到着してないでしょ

いつまでたっても行けないんじゃない

じゃあ、ゴールしてる人は幻覚?

34 :名も無きクリエイター:2015/01/20(火) 19:50:36.23 ID:47uUV69z i
現実が僕を傷付けてるじゃない

僕が現実を傷付けてるんだ

あの時僕が逃げ出した世界はまだ一人で泣いてるんだ

僕を探して暗闇で震えてる

助けに行かなくちゃ 一人じゃないって言ってあげよう

今なら分かるよ

弱かったのは僕

僕の光

今度は照らして見せるよ

頑張って伝えるよ


35 :名も無きクリエイター:2015/01/25(日) 05:48:07.51 ID:OOrHanyi0
ねえねえ

わらってよ

ねえねえ

なかないで

ねえねえ

いやなかおしないで

みんなのにっこりを

じぶんからころしてないかな?

36 :名も無きクリエイター:2015/01/26(月) 23:30:40.55 ID:47uUV69z i
大声を出したい。雨の中を走り続けたい。雨が止んで陽が出たら水たまりを突っ切って行こう。橋の上から見下ろしてたあの川に飛び込んで、川の中から太陽を見上げるんだ

そんな夏がくるかな

君は上から笑ってくれるかい?

そんな夏がくるかな

風鈴の音が聞こえないや

ゆらゆら揺れてる

陽炎の中の影

風鈴がほら

ゆらゆら揺れてる


37 :名も無きクリエイター:2015/01/26(月) 23:38:15.74 ID:47uUV69z i
世界が終わるまで愛し合おうか

どうせ最後の二人だもの、最期に一人になるならいっそ

ここで愛し合おうよ

今だけは逃げずに、精一杯生きてみたいから

世界が終わるまで、君とヤリ合うのさ

38 :名も無きクリエイター:2015/01/27(火) 03:51:16.20 ID:gkMpCOzI0
意味なんてない

笑顔に意味なんてない

意味なんてない

呼吸に意味なんてない

意味なんてない

踊りに意味なんてない

意味なんてない

この詩に意味なんてない

意味なんてない

目の前に居るてめえが決めるんだ

39 :名も無きクリエイター:2015/01/28(水) 19:47:41.92 ID:abB77PCE0
たとえば、あの雲

人生に例えられるね

たとえば、あの川

人生に例えられるね

全部そうなんだよ

皆固持付けなんだよ

だったら君だけの

例えようのない人生を作ろう

40 :名も無きクリエイター:2015/03/08(日) 17:16:22.01 ID:47uUV69z i
黄緑色のバケツが落ちていくよ

僕らはずっと転がるタイヤを見てた

転がるごとに弾けていく、雨にうたれ

僕らは見ていた

水が盆に戻っていく

黄緑色のバケツが落ちていくよ

僕らはずっと転がるタイヤを見てた

黄緑色のバケツが落ちていくよ

僕らはずっと雨の上に立って

ゆっくり落ちていく

きらり弾けてまぎれる

黄緑色のバケツが落ちてくるよ

僕らみんなタイヤを転がしてる

uh uh uh











41 :名も無きクリエイター:2015/03/08(日) 22:32:49.42 ID:OtCuMDOl0
片足を泥に突っ込んだ

ひんやりして気持ちが悪い

だからしばらく立ち止まった

もう片足も突っ込んだ

そのころにはもう

泥の感触に慣れていて

気持ちよくなってるんだ

だから

全身を泥に突っ込んだ

もう

呼吸は聞こえない

42 :名も無きクリエイター:2015/03/09(月) 22:56:21.26 ID:yOzOj1K70
ああ、痛い

痛い痛い痛い

痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い

その痛みはみんなのもの

その痛みは君だけのもの

43 :名も無きクリエイター:2015/03/13(金) 07:36:39.40 ID:PHde3dUn0
お前には無理だと言われて

俺には無理だと笑って

でもどこかで出来ると信じていて

でもやっぱり出来なくて

その度にやっぱりねと笑って

その度にだから言ったろとお道化て

その度にこんなはずじゃないと

逃げて逃げて、逃げて

弱い人間になったなあ

44 :名も無きクリエイター:2015/03/28(土) 16:09:37.13 ID:47uUV69z i
僕たちにしか分からない世界があるんだ。僕はもうそれだけでよい

僕たちはとにかくどうしようもない部分で否応無く繋がっているのだ

それを知っているから甘んじるのだ。それを知っているから苦しむのだ

ふわふわ浮いてきた僕たちはまた空を見上げる

僕はもうそれだけでよい

45 :名も無きクリエイター:2015/04/15(水) 02:02:25.51 ID:OD+qqiGS0
植物と人間は似ている
その場でじっと耐え忍び、己の未来を託す者もいる
風に乗り遠くへ遠くへ、そうして己の未来を託す者もいる
最後には枯れ、朽ちて跡形もなくなる
だが、植物のそれには感情が伴わないので
やはり人間は人間なのだ

わたしとあなたは似ている
女の腹から生まれ、幾年を過ごし
空気を吸って、人と会話して
最後には老い、朽ちて跡形もなくなる
だが、あなたのそれは私の感情とは異なるので
やはりわたしはわたしなのだ

46 :名も無きクリエイター:2015/04/15(水) 02:53:42.79 ID:OD+qqiGS0
うわあ漢字で私ってやっちった

47 :名も無きクリエイター:2015/04/15(水) 23:53:30.30 ID:OD+qqiGS0
芽が出て

花が咲いた

やがてそれは

ゆっくりと首をもたげ

朽ちていくのだろう

しかしわたしは

それを見ることはできないだろう

ゆっくりと首をもたげ

微睡んでいるのだから

48 :名も無きクリエイター:2015/04/16(木) 00:03:20.74 ID:rDo9LJvi0
手をつかんだらすり抜けた

君は幽霊だった

優しく微笑んではいるけれど

やはり彼らを祟るのだろうか

肩を抱いたらすり抜けた

君は人間だった

泣いて許しを請うけれど

やはり私を恐れるだろうか

顔を上げると消えていた

君は春風だった

確かに見た気はしたけれど

やはり触れはしないのだろうか

49 :名も無きクリエイター:2015/04/16(木) 13:52:08.85 ID:47uUV69z i
>>48
いいな

50 :名も無きクリエイター:2015/04/18(土) 23:52:45.25 ID:XcSjg5f80
39の心を見てきた

10の心を聞いてきた

ぼくが40個目だ

でもそんなことは取るに足らなくって

何憶何千との心が犇き合っているんだね

51 :名も無きクリエイター:2015/04/19(日) 23:15:58.14 ID:l5z126x00
顔が違えば他人だ

心が違えば他人だ

人は「前」みたいにはなれないし

人間は「後」なんてのは考えない

僕らは前を向いて歩いている

僕らは後ろを向かなくてはならない

君は泣いているけれど

僕は笑っているんだ

52 :名も無きクリエイター:2015/04/20(月) 19:42:19.00 ID:Fopq5q8I0
少しの風が吹いた

風鈴すら揺らせないような風が

少しの風が吹いた

草花すら鳴らせないような風が

少しの風が吹いた

今にも消えそうな風が

でも確かに僕らは

少しの風が吹いたことを知ってるんだ

53 :名も無きクリエイター:2015/04/22(水) 02:05:15.09 ID:TWJGpfRX0
頭を撫でられたら嬉しいんだって

頭を撫でてあげて

怒られたら悲しいんだって

怒らないであげて

泣いたら心配なんだって

泣かないであげて

笑ったら嬉しいんだって

ねえ、笑って?

54 :名も無きクリエイター:2015/04/30(木) 20:07:35.87 ID:LxvDKV8S0
濡れた菓子パン齧って佇んでる少年

物欲しそうにこっち見てるけど

みんな素通りしていってる

だったら僕が関わる必要もない

ひとりの青年が少年に声をかけた

僕は無性に苛立った

55 :名も無きクリエイター:2015/05/01(金) 22:53:44.22 ID:CMTSt2TZ0
ぐぐ、と唸った

お腹にそよ風が吹き抜けていくみたいだ

げほ、と噎せた

喉の奥から熱いのが込み上げるみたいだ

ああ、と嘆いた

鼻の奥の方をつっ突かれているみたいだ

ぐぐ、と唸った

それでも僕はずっと歩いてたいみたいだ

56 :名も無きクリエイター:2015/05/01(金) 22:55:58.99 ID:CMTSt2TZ0
ここ最近俺しかレスしてないじゃんもっと創作しようぜ

57 :名も無きクリエイター:2015/05/01(金) 23:20:06.07 ID:47uUV69z i
ちょっとうまくなったよな。具体的にどうというわけじゃないが

58 :名も無きクリエイター:2015/05/02(土) 00:50:33.40 ID:jOPVDiln0
>>45からここまで全部俺だぞもうちょっと気合い入れろよ

59 :名も無きクリエイター:2015/05/02(土) 00:51:05.20 ID:jOPVDiln0
ああ日付かわったんだった

60 :名も無きクリエイター:2015/05/04(月) 23:55:52.04 ID:47uUV69z i
君のことです

ゴミ箱を掲げて 戯けながら走る君

三階の窓から見ていました

ここは音楽室 外には何も聞こえない 鍵をかけておく

夜のことです

放課後の教室で 君は青春を歌います

君は愛を本当に知っていたのかな

ここには古いピアノが一つ 手を伸ばせば届く

冬のことです

白い吐息 地面を覆う霜 そそぐ朝日に

君が好きなものは きっと染まることはない

黒いピアノにも陽がそそぐ 塵が煌めいて

昔のことです

窓を開けておきます 君に聴こえるように

鍵を開けておきます 誰にも言えないけれど

古い夕日と爽やかな風 ここは音楽室






61 :酉つけるわ ◆N.0LLnGpvVAdw :2015/05/06(水) 01:54:07.58 ID:9RqkMjxa0
真っ白い紙があったから

白い絵具で絵を描いた

濃い白を塗ったり、薄い白を塗ったり

でも、あんまり目立たないや

真っ白い紙があったから

黒い絵具で絵を描いた

濃い黒を塗ったり、薄い黒を塗ったり

今度ははっきり絵が描けるや

真っ黒い紙があったから

白い絵具で絵を描いた

白い絵具は黒と混ざって

綺麗な色にはならないや

62 :名も無きクリエイター:2015/05/10(日) 00:54:53.15 ID:47uUV69z i
いつか僕たち

手を取りあって

丘の上まで登って行こう

ブルーシート広げて

僕歌歌うから 君は踊って見せて

誰もいないから心を込めて歌います

あなたはさっと回って下さい

いつか僕たち

手を取りあって

指なんか絡めちゃってさ

あぁ 眩しいな

僕歌歌うから 君は戯けて見せて

君がいないから心を込めて歌います

あなたは笑って見てて下さい

63 :名も無きクリエイター:2015/05/10(日) 01:10:46.15 ID:47uUV69z i
僕は戯けて見せるから 君は歌ってみせて

ぼやけて見えない

ぼやけて見えない

手なんか繋いじゃってさ



64 : ◆N.0LLnGpvVAdw :2015/05/10(日) 02:00:29.89 ID:uWR8wace0
泣いてたら転んだ

ろくに前も見てなかったせいだ

僕はまたいやになって

転ばせた涙を呪って、泣いた

泣いてたら転んだ

ろくに前が見えなかったせいだ

僕はもう駄目になって

涙の原因を想って、泣いた

泣いてたら転んだ

ろくに前に進まなかったせいだ

僕はもう無理になって

人目も憚らず、泣いた

65 :名も無きクリエイター:2015/05/10(日) 22:28:32.36 ID:UKbsFrQ4I
7月17日、曲がり角。僕は僕とぶつかった。恋をした。

66 :名も無きクリエイター:2015/05/10(日) 23:27:32.11 ID:47uUV69z i
この前俺はそんなことどっかに書き込んだ気がする

67 :名も無きクリエイター:2015/05/12(火) 19:15:22.60 ID:EPo40iLdI
それがどーにも過去ログ探してもないんで思い出しでかいちゃったあ
ごめん

68 :名も無きクリエイター:2015/05/13(水) 10:55:58.51 ID:47uUV69z i
ルノの過去ログ検索してもなにもでて来ないからね、ちかたないね

69 :名も無きクリエイター:2015/05/16(土) 23:52:45.85 ID:47uUV69z i
退屈が口癖の君が僕に恋をするじゃん?


その瞬間世界は彩られて本当に楽しいことが始まるんだよ

この世界に自分の理解者はいないと思ってる君が僕に手を差し伸べるじゃん?
その瞬間俺たちは分かり合えなくても一緒に生きていけることを理解するわけだがどうする?

悟ったような顔つきで君はいつも窓の外の白い雲を眺めてるじゃん?
でも君は恋人とのキスの味も知らないわけだ

女の子達はショートヘアーや髪染めを君に勧めてるでしょ?
あれみんな君の長い黒髪に嫉妬してるんだぜ

君は僕のことをどんくさくて馬鹿なやつだと思ってるでしょ?
僕は雨が降ってるときいつも君のことを想ってるようなやつなんだよ

そろそろまた雨が降りそうだけど君は今日傘を忘れちゃったでしょ?
僕は偶然君の後ろにいたから勇気を出して君に話しかけるね

いつかここから連れ出してくれる何かを君は待ってたでしょ?

それぼく





70 :名も無きクリエイター:2015/05/17(日) 22:20:58.69 ID:WhC1FgXw0
いいね

71 :名も無きクリエイター:2015/05/19(火) 18:40:18.13 ID:6o4pVn7FI
才能ある

72 :名も無きクリエイター:2015/05/30(土) 00:49:48.75 ID:47uUV69z i
僕たちには飛ぶための羽はない


目の前に転がっていた空き缶を立てかけて、少し距離をとった

深呼吸をしながら一度空を見上げた。風が吹くとグラウンドの砂埃が舞い上がって空に吸い込まれていく

ひろがって見えなくなる

ふっと、ぼくは自然に走りだした

少しでも高くとぶために走る、踏み切る、空き缶の上に利き足を乗せ、地面に垂直になるよう強く踏みつける

すかさず斜め前にとぶ


ぼくは飛べなかった

グラウンドに寝転がって空を見る。潰れた空き缶を見る

スチール製の丈夫な缶だったら

それだったら

飛べただろうか

鳥の影がぼくの顔を横切った

ああ

ぼくが鳥だったら、あの空き缶は潰れなかったろう


また風が吹いた。風は砂埃を運び、それは同じようにひろがって空に紛れた




73 :名も無きクリエイター:2015/05/30(土) 01:22:39.29 ID:47uUV69z i
空き缶踏み台にして飛んだとき

空き缶はつぶれるだろうか

74 :名も無きクリエイター:2015/05/30(土) 12:05:40.07 ID:9qyGoJDj0
裏で出た奴昇華させるの好きだなお前ら

75 :名も無きクリエイター:2015/06/09(火) 01:15:18.53 ID:0oDlpUWc0
あああああ
不意に叫びたくなったので
叫んだ
それだけなのに
あああああ
不意に暴れたくなったので
暴れた
それだけなのに
あああああ
不意に殴りたくなったので
殴った
それだけなのに
あああああ
不意にお腹が痛くなった
包丁が
包丁が
僕は刺された
刺した人は多分
不意に刺したくなったのだろう
もしくは
ずっと前から刺したかったのだろう

76 :名も無きクリエイター:2015/06/11(木) 00:54:31.33 ID:47uUV69z i
虚ろな目はしていなかった。ただ水たまりに落としたと言った

何を?分からない

何故?分からない

ただ落としたのだ。ただ落とした事実だけが残った、落としものはそれで成り立つのだ。それだけのことさ

そいつは苦笑いしながらお茶を啜った。気を抜いていたのが悪かったんだ

音もしたんだぜ、水飛沫がかかって、ほら、ズボンの裾が濡れてるだろう?

形もないのに水を飛ばすのか

知らないよ。でも溶けたのかも知れない

天気はいいんだ。昼にはなくなってるだろうに、なんで水たまりなんて踏むかな

どうなるってんだ。あれは俺のだよ。あれも一緒に消えるのか

じゃあ飲み干すかい

空から降ってきて、地面に溜まって、俺が飲み干すのか

なぁ、大切なものが水に溶けるだろうか

紛れることはあるさ。見えないだけで、あぁ

はい、お代わりをどうぞ




77 : ◆N.0LLnGpvVAdw :2015/06/14(日) 00:23:23.03 ID:ZRmiB1iw0
しっぽのないねこがこっちを見た
だれがこんなことをしたんだと思った
こわいと思ったし
かわいそうだと思った
だからぼくは目をふせて
いそいでペダルを回した

尻尾の無い猫がこちらを見た
誰がこんな事をしたんだと思った
けれど怖くはなかったし
可哀想とも思わなかった
だから僕は目を伏せて
急いでペダルを回した

78 :名も無きクリエイター:2015/06/14(日) 16:50:30.51 ID:47uUV69z i
もっと前から知っている気がする 木曜日の昼間から歩き回る幸せ

こんな風に横に誰かがいた覚えはないけどね どうでもいいですね ごめんなさい

約束された木曜日だよ もちろん先回りさ

繰り返してもいいかもね ゆりかごみたいな不安定なもの

あぁ しあわせ


後ろ向きに走ろうかと思った 3年前の僕は殴ってでも止めてよ

なにしろずっと日を浴びていなかったのさ どうでもいいかい んなこたないさ

恋い焦がれていたんだよ 心の中ではね

人並みに生きろや それで僕はどうすればいいか分かったんだ

あぁ しあわせ






79 :名も無きクリエイター:2015/06/14(日) 18:25:29.37 ID:47uUV69z i
やっと分かったんだよ

いつか終わっちゃうことだけど

やっと分かったんだ

80 :名も無きクリエイター:2015/06/16(火) 23:45:32.20 ID:47uUV69z i
ぼくはおそらをとんでいる

ふと、かわいいおんなのこをみつける

かみがながくてきれいだから、きっとかわいいおんなのこだ

ぼくはすたっとおりたってさんかいてんどげざをきめる

くるくるまわって、ちゃくちしてから、なんぱだ

やぁおじょうさん。おどろいちゃいけないよ。ぼくはきみがすきなんだ

こころがひろがって、やわらかいからすきなんだ

おちゃでもどうだいっていってから かおをあげる

れいぎはだいじだからね。だいいちいんしょうはだいじ

かおをあげる。きみのかおがある。こころでわかる

81 :名も無きクリエイター:2015/06/26(金) 23:08:41.31 ID:47uUV69z i
負け犬の遠吠えってきっと一人よがりなもんで、だらだらと踏ん切りも付かない唸り声とか、ただ周りや自分の喉を傷付けるような叫び声で、誰にも届かないもんだけど

それを少しきれいにしようとか、素直に思いを綴ろうとか、誰かに向けて伝えたいと思えば芸術になることもあるんでないか

お前面白いなって、好きだって言って貰えるかもしれない

もうこんな虚しい思いもせずにぐっすり眠れるかもしれない

ことによっては何かに勝っちまうかも知れんじゃないか

月だけじゃなくて周りにも見えるもんはいっぱいあるんだぜ

いっぱいいっぱい

あるはずなんだ

同じくらいきれいににかがやくんだ





82 :名も無きクリエイター:2015/06/26(金) 23:09:15.95 ID:47uUV69z i
なんか今宵の月のようにのようになったな

83 :名も無きクリエイター:2015/07/02(木) 02:19:48.61 ID:47uUV69z i
夢が消えていくとき

何の音もしないことに、拍子抜けして

だからこそ叶わなかったのだろうと

何も聞こえないのではなくて 何も変わらない

僕が砕けても 世界は変わらないらしいのだ

人がこんなものはいらないと

ただ夜に囁くとき

僕の影は睡眠不足に侵されて

手遅れになってしまっている


夏の音がする

君は聴いている

僕は目を瞑り

きっと大丈夫と










84 :名も無きクリエイター:2015/07/02(木) 02:20:04.63 ID:47uUV69z i
突然のことばかりで、君には悪いのだけれど

もう迷惑をかけてでも殻を破らんといかんと思う

そのとき変わったのは僕だったはずだから

見知らぬだれかに連れ去られ宙ぶらりんの僕らより愛をこめて

地面に落ちても本の中身は変わらないさ

聞こえるかい 聞こえるかい 聞こえるかい

どうしても戻れないのだから楽しまなくてもいいけど生きておくれ

誰も帰れないのだから悲しんでもいいのだろうさ


夏の音がする

君は聴いている

僕は目を瞑り

きっと大丈夫と


85 :名も無きクリエイター:2015/07/02(木) 02:33:53.16 ID:47uUV69z i
陰鬱とした僕の夏の夜に花火が上がって

風鈴の音がしたんだ

見上げていたのは僕だけじゃなくてさ

照らされていた顔を僕は忘れないだろう

気付いたら僕の線香花火は地面に落ちていた

今夜はいい夜になりそうだね

不思議にそう思えたから

不意に泣けたって話だ








86 :名も無きクリエイター:2015/07/03(金) 10:02:21.03 ID:47uUV69z i
きっと大丈夫と

87 :名も無きクリエイター:2015/07/08(水) 22:30:47.77 ID:47uUV69z i
悲しいね。僕の生きる希望がないことを悲しむ人がいるようだ

手をかたく握って前を見据えているよ。ずっと暗くてどちらが前か分からないがそれを前とするしかないのだろうな

自分しか見えないから世界も自分も暗闇で境目も分からなくなっているんだろう

暗闇に音はないよ。気付いたら声も出せなくなってるのさ。叫んでみるんだ。ほら、何も誰にも聞こえないじゃないか

おや、体のどこかに水滴が落ちたね。それは君の涙かい?誰か他のやつの涙を被ったのかな?それとも雨が降ってるのかしら

ぐちゃぐちゃなんだよ。君はもうまん丸になってしまっているんだ。だからただ転がって行くよ。誰かが押したから転がり、そこが傾いてるから転げ落ちていくよ

88 :名も無きクリエイター:2015/07/08(水) 22:38:04.57 ID:47uUV69z i
悲しいね。でも少し力を貸してあげよう。少し明るくなっただろう?君の手が浮かび上がっている

かたく握りしめた手をほどいてみるんだよ。どうせ前もなにも分からなくなってるんだから力を抜いてごらん。ほら

光が、手のひらから出てきたね。それがなにかは俺には分からないけれど、もう俺の光は君のに圧倒されて見えなくなってしまっている

俺の姿ももう見えなくなっているだろう。でも怖がることはないんだ。もう君は自分の体を隅々まで見ることができるはず

だからもう迷うことはないんだ。地面を照らしてみようよ。君はそこに立っているんだ。その光があれば君は大丈夫なんだよ

もう悲しくはなくなったんだ。だから俺の声がもう聞こえなくても悲しむことはない

それに、ほら上を見上げて、目を凝らしてくれるかい。光ってるものがあるだろう。だからほら、悲しむことはないんだ

89 : ◆N.0LLnGpvVAdw :2015/07/09(木) 23:49:39.96 ID:JvbCsDK40
横殴りの雨が降ってる

木々が右にたなびく

皆右へ流れていく

風か

いや、きっと

左が下なんだろう

落ちた先には何があるのだろう

永遠に落ち続けるのだろう

90 : ◆N.0LLnGpvVAdw :2015/07/09(木) 23:54:17.90 ID:JvbCsDK40
今日は最悪だと言う者がいた

けれどもう上ることしかできないのだから

今日は幸福だと言う者がいた

今日は最高だと言う者がいた

けれど上にはさらに上がいるのだから

今日は通過点だと言う者がいた

幸福に頂点が無いように

きっと絶望にも底辺がないのだろう

それを思うたび

私は絶望の底辺に立ったような気分になるのだ

91 :名も無きクリエイター:2015/07/10(金) 00:02:26.44 ID:47uUV69z i
おお

92 :名も無きクリエイター:2015/07/10(金) 23:51:20.48 ID:47uUV69z i
靴箱に隠してる虫かごは もう五年もほったらかしにしているのだが

中には死んだクワガタが入っている

いろいろ考えるのがめんどくさいので 蹴りながら出かけよう










93 : ◆N.0LLnGpvVAdw :2015/07/11(土) 04:03:59.68 ID:jHs2FGZ40
手に入らないものはそれだけで美しく映るのである

美しい貴女はそれ故に手に入らず

手に入らない貴女はそれ故に美しいのだ

美しいものはどうしようもなく手に入らないのである

例え命を懸けようとも、それは常に視界の端にあるのだ

だからこそ美しいのだ

もし焦点があってしまえば

そこにあるのはただの虚しさに姿を変えるのである

94 : ◆N.0LLnGpvVAdw :2015/07/17(金) 19:33:07.37 ID:Rwd7JkuM0
夏が来たんだ

喧しい夏が

喧しいそれはしかし活気を孕んで

土足で踊るのだ

夏が来たんだ

輝かしい夏が

95 :名も無きクリエイター:2015/07/20(月) 15:36:03.54 ID:47uUV69z i
別に自分の身体から抜け出そうと思ったことはないんだ。たぶん窓を開けて寝たのが原因だったんだろう

部屋の中の静かな暗闇と夜の世界のうるさい暗闇が繋がっちまったのさ

夜の喧騒に誘われて、俺は身体から抜け出して、そのまま窓の外に飛んで行った

網戸を通り抜ける時に、心の中の、なにか重たいものだけが部屋の中に残されたのを感じた

俺は自由になったってわけさ

よるのまちをとぶよ なにもないまちを きみのいないまちを

ぼくはじゆうなんだ


96 :名も無きクリエイター:2015/07/26(日) 17:07:24.64 ID:NDfbLWZ/0
おまえらはうんこだ。
大便だ。
じゃあ、ここで大便と言う字をよく見て。
ほら、線を一本動かすだけで
天使になれるんだ
お前らは線の一本も動かせないから
大便なんだよ。うんこ。

97 :名も無きクリエイター:2015/07/28(火) 19:51:58.92 ID:FOTW44qr0
すごい

98 :名も無きクリエイター:2015/07/28(火) 23:19:05.18 ID:47uUV69z i
パロマ

99 :名も無きクリエイター:2015/09/11(金) 00:48:42.96 ID:Ml54Sc210
かくれんぼです

100 :名も無きクリエイター:2015/09/11(金) 01:37:38.13 ID:+8EO7mOmI
>>99
みつけた

101 : ◆N.0LLnGpvVAdw :2015/09/11(金) 20:22:12.15 ID:cl+E4wax0
秋モ終ワリニ近付キマシタ。

母ハ、何処マデモ母デ在リマシタ。
我ガ子ハ強イト妄信シテオリマシタ。

私ハ、何処マデモ子供デ在リマシタ。
如何ニカナルト邁進シテオリマシタ。


秋モ終ワリニ近付キマシタ。

母ハ、何時マデモ母デ在リマシタ。
我ガ子ハ強イト邁進シテオリマシタ。

私ハ、何処マデモ阿呆デ在リマシタ。
如何ニモナラヌト退廃シテオリマシタ。


秋モ終ワリニ近付キマシタ。

102 : ◆N.0LLnGpvVAdw :2015/09/15(火) 15:24:52.53 ID:wcxXG8X20
じつは分かってるんだ。
分かんないことを分かってるんだ。
分かんないことを分かってるからだいじょうぶなことも分かってるんだ。
分かんないことを分かんないままにしていてはいけないってことも。
分かってるんだ、ぜんぶ。
分かんないことがあるってことも、分かんないことすら分かんないことがあるってことも
ぜんぶ、ぜんぶ分かってるんだ。
そうやって分かんないままいきてきたから
もうどうにもならないことも分かってるんだ。
分かんないことを分かったふりして、そのじつなんも分かってないことも。
ぜんぶ分かってるんだ。
分かってたってなんにもならないことだって分かってるんだ。
分かんなかったってどうってことないってことも分かってるんだ。
分かってるんだ、ぜんぶ。

103 :名も無きクリエイター:2015/09/15(火) 16:07:35.58 ID:47uUV69z i
思い出は木の葉のように重なっていく

ひらひらと一枚ずつ

もう大量に積み重ってそれは紛れてしまった

木の葉はいつか色を変える 時が僕を変えていくのか

想いがそれを探り当てることに 僕たちはようやく気付きかけている

木の葉はただ風に合わせて しかし確実に落ちていく

ひらひらと止まりもせず

上を見上げているのに僕は気付きかけている

思い出は緑色の瑞々しい葉っぱのように風に舞いながら落ちていく

思い出は地面に落ちて過去になる

一枚ずつ積み重なって 忘れてしまうこともでてくる

葉っぱはいつか色を変え 朽ち 崩れていく

巡り巡って それは木を育てることになる

木はぐんぐん伸びていく

いつか冬になって 木には一枚の葉っぱも残らない

落ちた葉っぱも白い雪に覆われる

さよならの言葉は雪に吸い込まれて残らない

104 :名も無きクリエイター:2015/09/15(火) 17:34:22.90 ID:GDvcLnTg0
晒しage

105 :名も無きクリエイター:2015/09/19(土) 00:20:18.45 ID:t/TrkskI0
行き掛けの駄賃
出しかけのうんち
壊れかけのradio

106 :名も無きクリエイター:2015/10/09(金) 20:54:20.24 ID:CdQzDxxF0
君のふところにチキンナゲット入れるよ

僕のいるところからそっと届けるよ

寂しい心にチキンはきっとあたたかいよ

一人じゃ寒い 今年の冬は もっと 深く 二人で

107 :名も無きクリエイター:2015/10/09(金) 21:06:24.93 ID:47uUV69z i
君のふところにチキンナゲット入れるよ

僕のいるところからそっと届けるよ

寂しい心にチキンはきっとあたたかいよ

一人じゃ寒い 今年の冬は もっと 深く 二人で


あたたかさで胸がわくわくしてくる

またたくまに二人は出会うんだ

抱きしめあえば 痛いくらいの熱が胸で 弾ける

滝のように肉汁が 飛んで暗い街を 変えていくのが分かる

染みになるよ と 呟く唇を塞ぐ 二人の吐息が漏れる


君のふところに 君のいるところに チキンナゲットを きちんとした愛を

君のいいところは 僕が一番知ってる

今僕たちを見てるのは 小さなクリスマスツリーだけ

そこにいる神様だけ

そばにいて欲しいから

もうひとつ あげる




108 :名も無きクリエイター:2015/10/10(土) 09:10:02.92 ID:hi1NRqrS0
つまんね

109 :名も無きクリエイター:2015/12/05(土) 01:48:24.38 ID:47uUV69z i
あああああああああああああああああああああ

ちきしょう 深夜二時にここを飛び出して叫ぶ

耳でずっと聴こえる音を呻き声でいいここで終わらせたくはない走り出せよ星が三つしかない夜を

喉を突き抜けてくれ あー 高音はでねぇ弾けてるベースの音が雨音のようだ誰か聴こえてくれや

走り疲れたんだよ俺は人波で倒れて喚く

音だけでも走り続けてくれ誰か知ってくれこの夜をどう過ごせばいい

寒さを感じねぇよ始めてくれよもう待てねぇんだ

朝は待てねぇんだよ

110 :名も無きクリエイター:2015/12/05(土) 20:21:04.31 ID:LE6vg96U0
きも

111 :名も無きクリエイター:2015/12/14(月) 06:16:50.66 ID:47uUV69z i
君の手のひらに僕の手を乗せて

初めて君の目を見た気がした

想像してたよりも綺麗な瞳に僕は気後れしている

18の夜 僕の目は濁っていて世界はゴミだらけで

でも君の瞳だけが光っていた

星もない秋の夜空に一つだけ残る月のよう

君が世界のすべてだったよ

18の夜 帰り道一人見上げた空を僕は忘れない


ふとした瞬間に窓の外を眺めていた

教室の後ろで君と同じ行動を取ってみる

幼い僕はそれが何を意味するか知らない

最後の木の葉が枝から離れたとき

僕は土に落ちるまで見てたよ

でも君は黒板に目を戻していた

ふらふら流れてあっさり落ちた

そのうち夕日が差して 葉を紅く塗りつぶす

結局それも汚れた僕の視界だったわけで

そういうことに僕は気付いてはいない


112 : ◆N.0LLnGpvVAdw :2015/12/14(月) 19:03:22.44 ID:b2WzRTgJ0
ひとつ踏み外すと
そこからもう真っ暗になるように
真っ暗になると踏み外す
それは階段であったり、畦道であったり

途中でドミノを崩す遊びをやめると
途端に世界は緑に染まってしまって
嗚咽の色ももう見飽きたようで、
緑をかき消すようにまたドミノを並べる

どこかが悲鳴を上げると、それを補おうと他の全てが死力を尽くす
どこかが奇声を上げると、帳尻を合わせようと他の全てが目を瞑る
それでもぽっきり折れてしまうようなら
いっそ軟体が心地よい

全て同じことなら
僕はもう眠ってもいいでしょうか

113 :名も無きクリエイター:2015/12/14(月) 20:20:20.05 ID:47uUV69z i
なんだこれは

114 :名も無きクリエイター:2015/12/15(火) 09:28:00.49 ID:8sVbdVTW0
ゴミ

115 :名も無きクリエイター:2016/01/16(土) 21:54:55.54 ID:f9sWLPDJ0
人が死んだことを耳にしたとき

燃えて炭になったそれが何かを遺しているのをみたとき

わたしは急に、ぞっとして、目をそむけてしまう

それに何が隠されているのか、そこに、一体何を見たのか

私は

それさえもわからないことに戦慄するのだ

116 :名も無きクリエイター:2016/01/17(日) 09:08:03.27 ID:iiWhyPdx0
早すぎた

右に倣ってばかりの僕には

遅すぎた

上に同じを続けた僕には


それでも月は沈む

117 :名も無きクリエイター:2016/01/17(日) 16:44:35.34 ID:iiWhyPdx0
あなたが嫌いです

その、乞食のような目でわたしを見ないでください

わたし自身を見ているようで、腹が立つからです

あなたは、わたしの内面にある乞食の目を見抜いて

同類のよしみを持とうとしていますね

わたしはそれが気に食わないのです

わたしは繕い、無理をしてまで

乞食の目を伏せてまで、微笑んでいるのです


あなたのようには、なりたくない

118 :名も無きクリエイター:2016/01/19(火) 07:51:08.40 ID:JPXv6s740

 ナア、悩んでるのか、君。
ウラヤマシイ、変わってやりたいよ。

 ナア、決めたくないのか、君。
モッタイナイ、ノンセンスだな、君は。

 ナア、疲れたのか、君。
マアマア、そう言わずに、モウ少し、先を見ろよ。



 以上、アル鏡ノ独白。

119 :名も無きクリエイター:2016/01/20(水) 22:03:03.58 ID:qPiZr0jC0
アレは、日の光

希望ノ光

マブシク、ヒトシク

皆を照らし、皆に照る

それをドウ感じるかは、私たちの自由

私たちの不自由

120 :名も無きクリエイター:2016/01/21(木) 22:21:02.33 ID:S99c48Sa0
眠っているボクは、まるで普段のボクとは違って
安らかな寝顔を、湛えて
そこに横たわる 僕 は きっと きれいで

安らかな寝顔を、湛えて

そこに横たわる君は、ずっと、きれいで
ボクは きっと 許されない

121 :名も無きクリエイター:2016/01/28(木) 21:41:45.55 ID:CSE00k+oi
君を、花に喩えよう

蕾の頃から美しく、鮮やかな珠を思わせた

朝に照らされ、夜に撫でられ、美しく澄んでゆく

艶を帯びた花弁が、緩やかにその身を解し

皆が未成熟なそれに、愛を捧げて

そして








そして散った。

122 :名も無きクリエイター:2016/01/29(金) 04:16:42.36 ID:47uUV69z i
君が「あなたのような人間は」と言って

僕は、その後はどう続くのだろうかと思ったら

また「あなたのような人間は」と言う

さらにも一度、あなたのようなと聞こえた所で

少し強く「君は一体何が言いたいんだ」と尋ねた

「好きです」



123 :名も無きクリエイター:2016/01/31(日) 01:32:48.19 ID:F9YMoDMHi
歌を聴く

脳が震える

心地よく震える

恐怖に慄くそれと

寒さに俯くそれと

同じであろうか

それとも

124 :名も無きクリエイター:2016/01/31(日) 16:12:29.42 ID:uxFcRIGP0
ふいに感情を爆発させると、それは気持ちの良いもので

私はそれを侮蔑の目で眺めているのだ

私は自己を律せていない者が嫌いだ

私は皆に好かれている者が嫌いだ

私が自己を律せていないから

私が皆に好かれていたいから

私は自分に似ている者が嫌いで

私は自分の憧れるものが嫌いだ

だけど

私は私を愛している

125 :名も無きクリエイター:2016/02/17(水) 22:39:41.77 ID:zoD70iXs0
このゴミまだいたのか

126 :名も無きクリエイター:2016/02/24(水) 20:53:27.15 ID:+YIDtRov0
愛するものを失うことが恐怖なのか

失う恐怖が愛なのか

やはり私には到底わからぬまま

全て失って空を舞うのか

127 :名も無きクリエイター:2016/03/07(月) 01:48:15.96 ID:7O5YLY870
>>117
これ誰のこと?

128 :名も無きクリエイター:2016/03/07(月) 16:16:31.49 ID:/co22iGi0
お前のことだよ

129 :名も無きクリエイター:2016/03/07(月) 20:28:49.67 ID:cCXkHC1O0
だとしたらもう話したくない

130 :名も無きクリエイター:2016/03/08(火) 03:57:51.06 ID:5bWZWr/f0
だとしたらもう話したくない

131 :名も無きクリエイター:2016/03/11(金) 00:27:19.94 ID:47uUV69z i
夕陽の谷に黒い影が忍び寄る

大地は喉を潤す涙を待つだけ

死んだように眠っている 待つだけなら同じようなものか

照らすのではなく焦がしている

焦らして揺らして今日も堕ちていく

先の欠けた崖の淵に光るものが一つある

残ったものはそれだけ

あとは夜に飲み込まれればいい

白い光が忍び寄る 誰も見れない星が挙がる

砂は冷たい風に乗り さらさらと音の河に変わる

そっと隠れて震えていたけれど

僕も夜に飲み込まれていく

そっと、深く、静かに音に変わる

132 :名も無きクリエイター:2016/03/11(金) 17:21:04.97 ID:uPMuRWOV0
メンヘラ特有のくっさい長文

133 :名も無きクリエイター:2016/03/13(日) 05:34:15.63 ID:hGT8KbZG0
泣きそうな顔
誰かが、泣きそうな顔
を、
見るたび、私は肺から息が抜ける感覚に陥る
それは憐れみや優しさでなく
これから私は極上のやり方で罵られるのだと
私を罵るような言葉など何一つ発さず
私を、
世界一卑しい、最低な、
極悪非道の者だとまくしたてるのだと
その喧騒から少しでも身を守るための息なのだ
そんな、
そんな邪推をしてしまうほど
私は今泣きそうなのだ

134 :名も無きクリエイター:2016/03/17(木) 00:40:25.65 ID:47uUV69z i
ぼくの書くラブソングは宛先がないので誰にも届かないのだけど

紙飛行機にしてみたので春の風に乗っていくことになった

ぼくの心も飛んでいって勝手に君に根付いてくれればいいのに

気付いたら受粉してたらいいのに

誰に向けて書いたわけでもないけれど

心理テストで言ったことみたいに 読んだ人は自分のことだと思ってくれるかもね

そのうちぼくのことを想うことになると思うよ

それは遠くないことだと思う

名前だけ書いておくから君はぼくのことをいろいろ想像するんじゃないかな

梅雨で家に篭って窓の外の雨を眺めてるうちにぼくのことを考えてる自分に気づくことになる

夏になるまでもなく雨が上がった頃に迎えにあがります

それからはずっと一緒です

夏は海に憑いてきて欲しい

秋の星を見上げて夜食を食べよう

冬はただ笑ってくれればいい

こんな風でいいよ

たぶんそれで幸せだと思う

あとは君のために



135 :名も無きクリエイター:2016/03/17(木) 10:47:05.94 ID:pjw8YG1C0
まだいたの?

136 :名も無きクリエイター:2016/03/22(火) 12:23:34.63 ID:47uUV69z i
だったらもう離したくない

137 :名も無きクリエイター:2016/03/22(火) 19:48:52.61 ID:2OWwmvgR0
可哀想な奴だなぁ

138 :名も無きクリエイター:2016/04/10(日) 01:21:06.12 ID:47uUV69z i
うん、綺麗だ

いざとなると口なんか回らないもんだから、月なんかよりも綺麗だと素直に想ったことを言ってみたよ

君は嬉しそうな素振りも見せないね

土に足がつきそうで届かない

振り子時計のようにゆっくり揺れている

止められたらずっと一緒にいられるのかもね

ぼくたちが本当に愛を知ったなら

時なんか止まってもいいんだ

雲が覆い隠す前に君の肩を抱こう




139 :名も無きクリエイター:2016/04/10(日) 10:04:23.95 ID:i59DpN/H0
つまんね

140 : ◆N.0LLnGpvVAdw :2016/04/24(日) 23:44:54.66 ID:3s7MkCAK0
優しいから怒らないというのは、理屈が通っていない
優しい人間は、自分にも優しいだろうから
なら、怒らない人間はなんなのか
見下しているのだ
自分が卑下されることで、周りを卑下する優越感に浸っているのだ
浅ましく、君は優しいね、なんて言われようと目論んでいる訳である
そこに優しさなんてのはなく、寧ろ卑劣な考えしか浮かんでいないのだ
そんな下劣な人間を
私は少なくとも一人、痛いほどに知っている

141 :名も無きクリエイター:2016/05/01(日) 06:46:10.81 ID:Deisifvr0
怒りの言葉に怒りで返しても意味ないよ
根底のやりとりしてるだけだよ

142 :名も無きクリエイター:2016/06/07(火) 13:57:15.37 ID:47uUV69z i
君は頭上の眼鏡

143 :名も無きクリエイター:2016/06/14(火) 23:31:58.25 ID:Kq8ctA2Q0
糞スレsage

144 :名も無きクリエイター:2016/08/07(日) 18:28:15.00 ID:47uUV69z i
始めようクソスレパニック
踊りだす自由なロジック
背後黄色くはためくフラッグ
そう それはバナナ共和国

さぁ、ネクストななみんカモンッ!

心のギターをかき鳴らせ

ほらクソスレであふれてる

グッド!!!!!

心のギターはどこなのかなぁ
かき鳴らすたびに歩きだす旅に
HONDAがキター!!!!今まさにサマー

Say Ho !!!!

Ya Ho !!!!

眩しい季節の色の中にななみんがいる
弦を奏でてみると僕の音がした

眩しい景色に映る暗い過去
悲しい音色を乗せる黒い音
さぁ疾走感に全部委ねろ
俺たちゃ陽気な君のヒーロー

立てるよクソスレ

君の景色が変わるまで

立てるよクソスレそれぼくの運命(さだめ)
光始めた見果てぬ夢だね
染め変わってく君のビューイング
ただ伸びて行けぼくらのトーキング

カモンッななみん!!!!


145 :名も無きクリエイター:2016/08/07(日) 20:51:07.62 ID:lcGGWVfP0
こういうメンヘラって一生自立出来なさそう

47KB
新着レスの表示

名前: E-mail(省略可)
READ.CGI - 0ch+ BBS 0.7.2 20130511
ぜろちゃんねるプラス