■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

夏に備えて今から怖い話作ろう

1 :名も無きクリエイター:2015/03/09(月) 23:07:15.96 ID:yOzOj1K70
・怖い話を思いついたら書く
・改善点等を優しくアドバイスしてあげる
・シチュエーションだけ書いて誰かが作ってくれるのを待つのもおk
・荒氏は無視
・既出の改変は余程の自信がない限り控える

これらさえ守れていたら自由です
また、誤って違反してしまった方をきつく叱らないであげて下さい

2 :名も無きクリエイター:2015/03/13(金) 01:08:41.60 ID:u1dtMDWo0
この板は人少ないし話創れる人も限られてるからなぁ…

3 :名も無きクリエイター:2015/03/13(金) 01:53:19.95 ID:PHde3dUn0
>>2
そないなこと言わんで
あんたはんが創りはってもよろしんですよ?

4 :名も無きクリエイター:2015/03/13(金) 02:24:46.99 ID:7R1gZrk20
怖い話って当たり前のようにフィクションでつくるものなのか?

5 :名も無きクリエイター:2015/03/13(金) 03:02:57.56 ID:PHde3dUn0
いや別に実体験混ぜてもらって構わんけど
怖い話してって言われて意気揚々に話したらみんな知ってましたとか恥ずかしいじゃん?
だから創作する場を設けようと思ったんです

6 :名も無きクリエイター:2015/03/13(金) 12:56:53.67 ID:QSYHkFso0
ガチなやつ?

7 :名も無きクリエイター:2015/03/14(土) 02:41:20.97 ID:X/thCYeE0
心霊体験はあるけど怖さと文才がないんだよなぁ

8 :名も無きクリエイター:2015/03/14(土) 18:09:19.61 ID:guBi9KlT0
>>7
・シチュエーションだけ書いて誰かが作ってくれるのを待つのもおk

おk!!!!!

9 :名も無きクリエイター:2015/03/18(水) 19:23:09.26 ID:uG62w+Ny0
てす

10 :名も無きクリエイター:2015/03/18(水) 19:39:12.87 ID:uG62w+Ny0
実家の近くに仙人てあだ名のホームレスがいたんだが仲が良かった
変わった人で、赤黒い赤子の人形を抱いている女がいたら終いだって良く言ってた
高校卒業して東京に住んでからはそんな話は忘れてたんだけど、実際にいた
まあ赤黒いといえばそうなんだがなんかカビが生えているというか
とにかく変な色合いの人形だった
美術系の専門なんだけどそこの先輩が抱いてたんで驚いたら
先輩に驚かれて、またよーく見たらただの壷だった
そんで心配になったから仙人に会おうと実家に帰ったら仙人は死んでた
親に聞いたらどうも変死体だとかどうとか、詳しいことはわからん

11 :名も無きクリエイター:2015/03/18(水) 23:14:20.35 ID:47uUV69z i
なに言ってるのかわからん

12 :暇だったからそれっぽく改変した:2015/03/20(金) 22:18:10.90 ID:5mCysXPG0
>>10
俺の実家の近くに、仙人ってあだ名のホームレスが居たんだ
おかしいっていうか、変わった事ばっか言ってる人で
「赤黒い赤子の人形を抱いている女がいたらしまいだ、気を付けろ」
と、会う人全員に忠告してたもんで、気味悪がられてた
まあ、高校卒業して上京、大学に進学してからはそんな事とうに忘れてたんだが、
先日、見たんだ
赤黒いというか、カビが生えたような赤子の人形をあやす美術科の先輩を
もうほんとびっくりして先輩に「なにしてんすか、それ!?」と訊いたら先輩もびっくりしてて
よくよく見たらただの壷だった
心配になって仙人に会おうと帰省したんだが、仙人はすでに亡くなってた
変死体だったとか言われたけど、そんなことより強烈な出来事があったんだ
先輩が壷を持ってたと分かり授業に向かおうとするときに、聞いたんだ
赤子の泣き声と、それをあやす先輩の声が…
俺はこれから、何が終わってしまうんでしょうか

13 :名も無きクリエイター:2015/03/21(土) 01:53:34.43 ID:uYGx3DHw0
>>12
おおーうまい

14 :名も無きクリエイター:2015/03/21(土) 08:00:11.49 ID:47uUV69z i
分かりやすくなった、そういう意味だったのか

15 :名も無きクリエイター:2015/03/22(日) 04:12:01.60 ID:8N5c3y/40
>>12だけど俺は>>10じゃないし完全に創作だからな
あくまで怪談「っぽく」しただけなんだすまない

16 :名も無きクリエイター:2015/03/24(火) 00:34:45.22 ID:FUcR4G0p0
だれかないの

17 :名も無きクリエイター:2015/03/26(木) 15:02:12.56 ID:IxyVuHzy0
>>16
この前友達になんかないのかって言われて即興で作った奴なら

18 :名も無きクリエイター:2015/03/27(金) 00:07:05.82 ID:47uUV69z i
それ行こう

19 :改変ご自由に:2015/03/27(金) 00:39:32.27 ID:TmmwJHX10
>>18
ある夏の出来事。
大学のサークルで仲のいい俺、友、友の彼女のA、後輩の女の子Bの四人で百物語をしようということになった。
なんでも過去に事件があり、そのことを公にせずそのまま営業している旅館を友が見つけ、Bと意気投合したらしい。
運転席に俺、助手席に友。後部座席にAとBを乗せ、長い山道を抜けると、古びた旅館が見えてきた。
チェックインを済ませ、旅館の一室で四人で蝋燭を囲み、百物語が始まった。
Aは怖がりなようで4〜5話目でもう震えている。反対にBは平気な様子であった。
百物語は滞りなく進み、もう何巡目かの俺の番だ。が、そろそろ話すネタも尽きてきた。
ヤケクソだ。今思いついた怪談を披露してやろう。
「ある旅館の一室でフラれた女がそこから投身し、それでも死ねず持っていたライターで彼の車と共に焼身自殺をし、それ以来彼に憑りついている」―――。
そんなチープな怪談だった。
友、Aはまるで息抜きでもできたような顔をしていたが、Bは舞台が旅館という事もあってか随分と怯えていて、少し可愛らしかった。
それからも百物語は滞りなく続き、東の空が少し明るんだ頃、遂に百話目が終わる。
フッ、と友が蝋燭を吹き消す。部屋が静寂で満たされる。が、特に怪奇現象が起こるでもなく、四人ともなんとなく白けてしまった。
さあ帰ろう、とチェックアウトを済まし駐車場へ出ると、俺の車の前輪が焼けて溶け、異臭を放っていた。
愕然とし前輪付近の状態を確認していると
「さっきの、わたしと友先輩です、よね」
Bの声とが聞こえた。
何のことだと顔を上げると、そこには


そこには、体が焼けただれた女が佇んでいた。

20 :名も無きクリエイター:2015/03/27(金) 00:41:28.04 ID:TmmwJHX10
あと作るっていうスレの趣旨とはちょっと違うけど伊集院のキクチアヤメは中高生にうけそうだよな

21 :名も無きクリエイター:2015/03/30(月) 16:17:25.25 ID:8HK3Xzg30
誰かないのん

22 :名も無きクリエイター:2017/06/24(土) 19:58:20.81 ID:5wLElvY30
不倫大好き、尻谷賢司と申します。

某配達企業に勤める、妻子持ちの49歳です。
妻とはもうセックスなんてできません。
若い女性、できれば20代がベスト。

非正規社員に「社員にしてあげる」って言えば、簡単にセックスできてしまう。お勧めの方法です。

どうやって若い女性と不倫できるか、自分の体験談を随時アップしていく予定です。

5KB
新着レスの表示

名前: E-mail(省略可)
READ.CGI - 0ch+ BBS 0.7.2 20130511
ぜろちゃんねるプラス